洋光台 奥田内科 アレルギー科 奥田研爾

アレルギー科

担当医

奥田院長  谷賢治先生

アレルギー科

アレルギー物質により
目・鼻・耳・皮膚・気管支などに現れるさまざまな症状に対し
診断・治療を行う診療科目です。

気管支ぜん息

空気の通り道である「気道」が慢性的な炎症で狭くなり
様々な刺激をきっかけに、のどがヒューヒュー・ゼーゼーと鳴ったり
咳や痰が出て、呼吸が苦しくなる病気です。
この症状は、自然または治療により回復しますが
治療や予防を怠ると、繰りかえし症状が出ます。

年に数回、ぜんそく発作を起こすだけの場合でも
気道には常に炎症があるため
早い時期から治療することで、重症化の防止になります。

花粉症

すべての花粉が「花粉症」の原因となりますが
中でも「スギ花粉症」、「イネ科花粉症」、「ブタクサ花粉症」は3大花粉症と言われ
特に「スギ」「ヒノキ」「ブタクサ」「カモガヤ」などは飛散花粉数が増加しています。

主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりですが
眼の症状(かゆみ・涙・充血)も含めたものが、よく見られます。

アレルギー性鼻炎

アレルギーによって引き起こされる「鼻炎」ことをいいます。
花粉などによって起こる「花粉症」の鼻炎がありますが
季節に関係なく、一年を通じて症状が現れる「通年性アレルギー性鼻炎」もあります。
通年性アレルギー性鼻炎の症状は、花粉症ほど症状が強くありませんが
一年中症状が現れるため、大きな負担となります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患のひとつです。
乳幼児期に始まることが多く、強いかゆみをともなう湿疹ができ
症状が良くなったり悪くなったりを繰り返します。

ページのトップへ